HOME >  年代別&お悩み別スキンケアテクニック集 >  50代の加齢に関する悩みには

50代の加齢に関する悩みには

私がこれから迎える50代のお肌の悩みと言えば、やはり加齢による第二のお肌の曲がり角ではないでしょうか?
職場にいる50代の女性に、どんな事で悩んでいるのか聞いてみたところ…「加齢による肌の衰え」と言ってました。
年齢を重ねるごと、気になってくる、しみ・しわ。街中で若い人の肌を見たとき、自分の顔に衰えを感じ、戸惑ったりされるそうです。
いずれは、自分にもやってくる50代…綺麗でいたいものです。
そのときになって慌てないために、肌が老化してしまう原因について調べてみました。

そもそも老化の原因ってなに?

肌が衰える原因として考えられているのが、以下の4つなのだそうです。

  • 紫外線の刺激
    長年浴び続けた紫外線が原因で、しみや、しわ、たるみなどを引き起こしてしまうようです。例えば、顔と比較してほとんど紫外線に当らないお尻などの肌は綺麗なままです。
  • 皮膚が乾燥する
    年を重ねるごとにとくに油分の少ない女性の肌は乾燥しがちになっていきます。実はコレ!角質の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが原因。こうなってくると、角質層の表面が乾き、はがれやすくなり、皮膚に隙間が生まれ、表皮の水分がどんどん蒸発していきます。それにより、表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになっていくそうです。
  • 細胞が酸化する
    体内に取り込まれた酸素の一部が変化した「活性酸素」が脂質と結合して、細胞を酸化させていくそうです。それにより、真皮のコラーゲンなどが硬くなり、皮膚の弾力を失わせ、老化が進行していくのだとか。ちょっとこわいですね。
  • 皮膚が薄くなる
    年齢とともに肌の弾力となっていたコラーゲンやエラスチンの量が減少していきます。また、肌細胞を作り出す力も衰えていくので、表皮も薄くなっていきます。このように、年齢を重ねるとだんだんと肌が薄くなり、肌はますます傷つきやすくなっていきます。

このような原因で老化が進行していくなんて、ちょっとコワイ話ですが、足りないものを補うことで、進行を和らげることが大切なのだなぁ~って実感しちゃいました。
そこで、化粧品で補う方法を調べてみることにしました。

ストップ老化!コラーゲンを補うテクニック

若々しいハリのある肌を保つにはコラーゲンが不可欠!
保湿力が高く、肌の弾力性やつやを保つ役割もしてくれるからです。
そこで、私が行なっているのは、コラーゲンを配合したクリームを、洗顔後、とくにしわが気になる部分に念入りに塗り込むこと。
塗り込む時の注意点は、ゴシゴシ強くこすらないことです。優しくたっぷり塗っています。
その後、いつも使っている化粧水、乳液でスキンケア完了!
現在、進行中のお手入れなので、驚きの結果は実感していませんが、まわりから「肌が若い!」「実年齢より若くみえる」と言われ、ちょっと快感(笑)。

そして、もうひとつ!
若い頃は、“顔”にばかり目がいきますが、年齢を重ねると顔の肌つやはいいのに、その下にある首が「おばちゃん」な状態ってことありませんか?
そんな首の老化にも、先に紹介したコラーゲンを配合したクリームでお手入れしておけば、綺麗になりますよ。
※私が使っているコラーゲン配合のクリームは「コラーゲン配合のオススメ化粧品一覧」のページで紹介しています。