HOME >  年代別&お悩み別スキンケアテクニック集 >  30代で乾燥肌なアナタには

30代で乾燥肌なアナタには

30代の頃から気になるのが肌の乾燥ではないでしょうか?
実は30代頃の私も乾燥肌で悩んでいました。

乾燥肌がひどくなると、冬でも夏でも“かゆみ”が伴います。赤みも出てきます。
ノンメイクで外出することがない私は、そのかさつきや赤みををメイクで隠そうとしていましたが、今まで当たり前のように愛用していた化粧品と、相性が合わなくなっていきました。
その後、百貨店のコスメコーナーでアドバイスを受けて試供品を頂いたり、通販のサンプル化粧品を取り寄せたりしてみたのですが、結局のところ、化粧品を変えたところで肌のかゆみやかさつき、赤みも治らないので、私の素肌の肌質そのものが変わらない限り、問題は解決されないと分かったのです。

そんな時、肌の保湿を整えるには、コラーゲンを配合した化粧品を使うと良い…ということを雑誌で見つけてから、私のコラーゲン化粧品探しと、スキンケアが始まったのです。
という訳で、当時、私が行なっていた乾燥対策のスキンケアをご紹介しますね。

乾燥肌のうるおい補給に、コラーゲンパック

洗顔後の肌は水分がどんどん蒸発していきます。
顔を洗った後、面倒だからといってそのまま放置しておくと、肌がカサカサになりますよね。
乾燥肌への対策にはコラーゲン配合の美容液などで、パックするといいですよ。
保湿を“保持”するためには、水を吸着&保持してくれるコラーゲンの性質を頼るのが一番!
また、乾燥肌でかゆみを感じる場合には、お風呂に入るときに、刺激の強いイオウ成分入りの洗顔料や入浴剤を使わないようにしましょう。
他には、40度以上のお湯に入らないようにすること、そして、体や顔を洗うときにゴシゴシ強くこすらないことも大切です。

私がスキンケア魂に火がついたきっかけ

朝から晩まで“しっかりメイク”でバリバリ仕事をこなしていた私の20代は、実はこれといって素肌の悩みはなく、必死で肌荒れ対策をすることもありませんでした。
ただ、美容アイテムが大好きで、興味本位からスキンケア化粧品をあれこれ試す日々。
コラーゲンが配合された化粧品もいくつか試してみたりしてたんです。
でも、肌に悩みがなかったので、当時コレじゃなきゃダメといったこともなく、過ごしていました。
しかし、30代前半で妊娠・出産・育児という女のメインイベントを経験して、状況が大きく変化したんです!
はじめての育児による睡眠不足や思いがけない過労のシワよせで、目で見ても、手で触っても分かるガサガサの乾燥肌が最大の悩みになりました。
「まだ若い!まだイケる!」と思いあがって数ヶ月のあいだ肌荒れを放置していたら、今度は毛穴の開き・黒ずみが目立ちはじめてしまい、「これはヤバいっ!」と、ようやく本気でスキンケアをする決心をしたのです。

世のなかには、美容によいとされる成分がさまざまありますが、私は「コラーゲン」に絞ってスキンケアをしました。
その結果、乾燥が気にならなくなったのです。
私と同じように、乾燥肌に悩んだら、ぜひコラーゲンパックを試してみてくださいね。