HOME >  私のスキンケア四季報 >  春 花粉シーズンの肌荒れ予防法

春 花粉シーズンの肌荒れ予防法

私にとって、春といえば花粉症のシーズン。
ニュースで桜の開花宣言がある頃には、目や肌のかゆみ、喉の痛み、くしゃみ、鼻水の症状で物理的にふくれっ面になっています。
しかも私の場合、肌荒れ・皮膚の炎症のほうがひどく、春風と一緒にやってくる悩みなんです。
睡眠不足でもないのに化粧ノリが悪くなり、いやな乾燥肌が続き、吹き出物まで登場。
そもそもこの時期って、肌にどんな変化があるのでしょうか?調べたことをまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

春の陽気に紛れてこんなこともあんなことも

 

  • 季節の変わり目で、温度&湿度ともに上下が激しい。
  • 昼と夜の温度差にさらされて、乾燥肌に陥りやすい。
  • 3~5月で日中の紫外線が強くなり、肌の水分を奪う。
  • 乾燥が進行すると肌の角質がめくれ、炎症しやすい。
  • 肌荒れ要因に対抗する免疫・バリアの機能がダウン。
  • アレルギーのもと「花粉」の影響で皮膚が炎症する。
  • ティッシュで肌を摩擦・刺激すると症状が悪化する。
  • 肌荒れによるストレスで、さらに保水力がなくなる。

暖かくなって快適!と思っていたら、花粉などのアレルギーbなどで、お肌は意外に苦労しているんですね。
では、予防法はあるのでしょうか?

花粉アレルギーの肌荒れ解決方法

≪解決方法その1≫
肌に浸透性のあるコラーゲンを配合した化粧品でスキンケアをしてみましょう!

うるおいが持続している乾燥知らずの肌は、花粉などのアレルギーに対する免疫機能が充分働いています。
でも、免疫機能が弱っている肌だと、どれだけ花粉対策グッズを使っても、効果も半減。
そんな場合は、花粉対策の前に、免疫機能回復が先!
コラーゲンを配合した化粧品の力を借りて、まずは、アレルギーに強い地肌づくりを行なうといいですよ。

≪解決方法その2≫

  • 花粉対策専用のマスクやグラスなどを使いましょう。
    露出度の高い皮膚を覆う
  • 部屋に舞い込む花粉を掃除で取り除く。
    コートやスーツ、髪にも付着している
  • 花粉の飛散予報をチェックする。
    多い日・少ない日によって行動範囲を決定

これは、自分の身に花粉がふりかかる機会をなるべく減らすための作戦!
外出の多い仕事だと、花粉に合わせて行動を自粛するのは難しいので、免疫機能を高めるべく、肌の保湿力をアップさせておくといいですよ。