HOME >  私のスキンケア四季報 >  夏 紫外線に負けない肌への対策

夏 紫外線に負けない肌への対策

夏は、女性ならほとんどの人がサンスクリーン剤(日焼け止め化粧品)のお世話になっているはず!
春先3~5月で強くなる紫外線。この時期の暑さも肌にある水分をどんどん奪っていきます。
大量の汗をかくので肌が汚れやすく、地面から舞い上がる砂けむりやほこりも付着しやすい…。
そして、肌のべとつきから開放されたくて洗顔回数も、いつもより増えがちになりますよね。
こういった、汗やほこり汚れを取り除く機会も、美肌づくりには欠かせない夏のスキンケアなんですよ。
とはいえ、洗いすぎで美肌の維持に必要な皮脂まで奪いとってしまっていることもありますので、洗うにも注意が必要です。

そして、室内外を問わずきっちりUVケアをするには、2~3時間に1回の割合で、サンスクリーン剤(日焼け止め化粧品)を塗り直す必要があります。
どれだけ肌にやさしい成分配合の日焼け止めでも、重ね塗りばかりすると肌に負担が掛かってしまいます。
それでは、夏の紫外線対策を怠らず、肌質をアップさせる方法ってあるのでしょうか?
私のスキンケア法も紹介しつつ、紫外線対策方法をここで紹介しますね。

夏の紫外線と付き合う賢いスキンケア

水分も皮脂も、肌にとっては必要なものです。
そのバランスを保ってくれるのがコラーゲン。
どんな肌荒れを起こしていても、保水力・保湿力なので、私の場合は、コラーゲン入りの化粧品をじゃんじゃん使って、肌の保水力アップしています。

そして、紫外線と闘うには、まずは敵を知ることが大切です。
以下に紫外線が肌にもたらす影響を紹介しますので、ぜひご覧になってくださいね。

  • 乾燥肌を招き、肌細胞の新陳代謝をダウンさせて、ダメージの回復を遅らせる。
  • シミの原因・メラニン色素を皮膚に溜め込み、沈着(シミとして発生)させる。
  • 肌の角質層にある水分が蒸発してうるおいを奪い、ハリが消え、シワができる。
  • 保水力・保湿力の低下により、肌のくすみが生じて、肌全体の印象が暗くなる。
  • 肌のハリ・弾力性のもとであるコラーゲンを破壊し、肌のたるみの原因を作る。
  • 強い紫外線を長時間浴びると皮膚の免疫ダウンでウイルス感染が起こりやすい。

紫外線を予防しつつ、汚れをきちんと落とし、不足する水分を補給して、蓋をする。どんな季節でも、スキンケアの基本は大切ってことなんですね。