HOME >  私のスキンケア四季報 >  冬 お肌の乾燥110番

冬 お肌の乾燥110番

気温が低くなる冬。空気が乾燥し、肌にとっては最もシビアな季節なんです。
カサカサ、ハリがない、キメが乱れる、くすみが気になるなど、冬は悩みだらけ。
冬に悩みが増える原因を知って、スキンケアの基本をおさらいしておくことが、美肌づくりの基本です。
まずは、気温が低くなることで肌に与える影響を調べてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

皮膚の新陳代謝が低下しちゃうってホント?

人間の身体は、気温の低下に伴って体温を下げないように基礎代謝をアップさせ、温度を維持しようとします。
逆に皮膚の表面などは、体温を奪われないように、血液の流れる量を制限。
そのため、皮膚には十分な栄養が行き届かず、皮膚の新陳代謝が落ちるという訳なのです。

他には、肌の皮脂量が減り、空気の乾燥によって水分の蒸発量も多いとされています。
このように、冬は肌に過酷なシーズン。
中でも、湿度の低下(乾燥)に注意しなければいけません。

肌を乾燥させないための生活のコツ

そこで、少しでも肌の乾燥を促す環境から離れ、うるおいを与えてくれるモノを愛用するためのコツをここで紹介したいと思います。

  • デスクワークをするときは小型の保湿機を身近に置く。
  • レモンをのせた温かい紅茶をティカップに入れて、顔を保湿するように、ゆっくり飲む。
  • 化粧直しができない時には、コラーゲン配合の化粧水を携帯し、補給する。
  • 入浴後は、美容クリームでマッサージして血行を促進する。

美のために女性ができる小さな努力は、たくさんありますねっ。
ぜひ、お気に入りのアイテムを味方につけて、冬の冷えと乾燥肌をやっつけてください。
ちなみに私はこの時期、コラーゲン配合の化粧品プラス、サプリや食事からでも摂るようにしています。
鶏肉や豚肉など、食材そのものにも含まれているので、鍋料理でぷるぷる美肌づくりに励みます。
というより、娘と「コスメの旅」と題してコラーゲン料理を食べるツアーを自主的に組んでるんです(笑)。
寒くてうちに閉じこもりがちな冬こそ、アクティブに美を追求したいですね!